こんばんは。もうすぐ確定申告の時期になりますね。

税金をたくさん払いたい人はいないと思います。そのために、各種対策を講じるわけですが、税金を安くするには認められている所得控除を上手に使うことです。所得控除には各種ありますが、そのうちの一つに医療費控除ってものがあります。詳しい仕組みは知らなくても言葉くらいはほとんどの方が聞いたことがあると思います。何となく病院に払った治療費のいくらかが所得から引かれて税金が安くなる程度のイメージはお持ちかと思います。でも実際に使ったことがある人ってかなり少ないと思います。私も一度も使ったことはありません。なぜかといえば、年間10万円以上の治療代を支払っている必要があるからです。大きな病気でもしない限り、そんな高額な治療費を支払うことなんてありえません。

医療費控除なんて使わないことが一年間豊かに生活できた証です。

じゃあ、医療費控除では税金が安くならないのかというとそうでもありません。医療費控除の対象になる支出には病院代だけでなく、整骨院の費用やドラッグストアで購入した薬などかなり幅広く認められています。特に必ず申告をした方がよいケースにインプラントを入れた場合などは病気ではありませんがかなりの治療費がかかりますから医療費控除を申請すべきでしょう。

それからもう1点、セルフメディケーション税制といわれる制度が本年度より創設されています。これはドラッグストアなどで購入した医薬品の合計金額が12000円を超えた場合に、超えた金額を所得から差し引けるという制度です。医療費控除は聞いたことがあっても、セルフメディケーション税制をご存知の方はほとんどおられないと思います。医療費控除は10万円以上の支出が必要なのに対し、セルフメディケーション税制では12000円ですのでかなりハードルが下がったように一見思えますが、実際にはそうでもありません。これこそ、ほとんど使用する方はいない制度として有形無実化しそうな制度ではあります。まず、医療費控除と比べて控除の対象となる医薬品はかなり限定されています。対象の商品にはセルフメディケーション税制の対象商品であることがパッケージに書かれていることが多いようです。また要件の一つに健康診断を受診していることも要件となります。どんなにレシートを集めても、健康診断を受けていなければ、セルフメディケーション税制は受けられません。確定申告書では健康診断の受診表を添付する必要があります。
それから、医療費控除とセルフメディケーション税制は併用できません。どちらかを選択することになりますが、セルフメディケーション税制での所得控除の上限は88000円ですので、もともと大した節税にはなりません。一方で医療費控除は200万円ですから桁が違います。
医療費の抑制と健康の自己管理を促すという目的で作られた制度ですが、どこまで定着するかかなり疑問ではありますが、少しでもいいから税金を安くしたいという方は一度お試しください。